学習・クラス

大学進学クラス

中堅以上の私立大学への
現役進学を目指す

1年次に国数英の基礎学力をしっかりと固め、2年次からは文系・理系に分かれて授業を展開。個々の実力にあわせた補習・講習で応用力を養い、志望大学への現役合格を目指します。1年次3学期に特進統一テストを受けることで、特別進学クラスや大進選抜クラスへの移動も可能です。

新着情報

プログラム

卒業生による進路報告会(1・2年次)

学習とクラブ活動の両立を希望する生徒が多い大学進学クラス。卒業したばかりの先輩達が、在学中の日常を振り返りながら、どのようにして充実した高校生活を送り、大学への現役進学を果たしたのか、貴重な体験を後輩達に伝えます。リアルで説得力のある話に、聴く側の後輩達も真剣です。

進路報告会

夏期・春期大進勉強合宿(1・2年次 希望制)

規則正しい日常生活に基づく学習習慣の確立を目的として実施。自宅や学校を離れ、日々の生活を省みることで自分の弱点に真剣に向き合う合宿です。春は1年間の総まとめをおこないます。

夏期勉強合宿

カリキュラム

時間割サンプル<2年次文系(日本史探求、生物基礎選択)

カリキュラム

1年次の芸術は必修選択科目。
【2年次以降のA・B・C群について】
文系:Aの○数字は必修選択科目群、B・Cの○数字は自由選択科目群をあらわす。
理系:A・Bの○数字は必修選択科目群、Cの○数字は自由選択科目群をあらわす。
大進選抜クラスの2・3年次A群は、ともに世界史・日本史の科目から選択。

3年間の流れ

学部・学科、幅広い専門分野を見据えた進学を目標に、文系は国語・英語・地歴公民の授業時間数を多く設定し、理系は数学・理科の授業時間を多く確保しています。

※カリキュラムは大学入試の環境変化や改革により変更される場合があります。

合格実績

現役大学進学率82%の実績
国公立にも現役合格

今春の卒業生(211名)

  • 現役大学進学173名(現役大学進学率82%)
  • 専門・就職20名(9%)
  • 受験準備18名(9%)
卒業生メッセージ
東京理科大学 理工学部
物理学科 進学

私自身、3年間でここまで成長できるとは思っていませんでした。部活動と勉強の両立を続けることができたのは、先生方の熱心なサポートのおかげだと思います。勉強で行き詰まったところを先生に質問にいくと、一人の生徒に多くの貴重な時間を割いてくれたことや、部活動などの相談も親身になって受けてくれることなどの積み重ねが、私の高校生活を非常に充実したものにしてくれました。とても感謝しています。目標を持ち続け、自分から行動を起こせば、保善高校はきっと応えてくれます。保善での高校生活を楽しんでください。

水谷 龍馬
日野市立大坂上中学校 出身
その他卒業生メッセージ
2020年 東京理科大学 基礎工学部
電子応用工学科 進学

私は、高校入学時から指定校推薦のことを視野に入れて学校生活送りました。また、高校在学中は空手道部に所属しており、本校の空手道部は全国でも屈指の実力を誇る為、日々の稽古はとても辛いものでした。 しかし私は努力を重ね、東京理科大学に合格し、部活動ではインターハイに出場しました。このように文武両道 を目指し続けられたのは、保善高校の先生方が私のとても些細な質問にも真摯に寄り添ってくれたためだと思います。保善高校の環境は、中学生の皆さんの成長にも役立つものであると思います。入学したその日から大学への思いを馳せ、毎日の生活を大切に過ごしてください。

千葉 胤弥
江戸川区立葛西第三中学校出身
2020年 中央大学 商学部
商業貿易学科 進学

大学に合格するためには学校の勉強を疎かにせずひたむきに努力することが一番大切です。塾や予備校に通っているから、学校の勉強はやらなくていいと勘違いしている人もたまにいます。しかし、学校の勉強は全ての基礎なので、しっかり力をつけたうえで、塾や予備校に通う意味があるのです。大学受験は全国から猛者達が集まってきます。自分の力を過信せず、日々ひたむきに努力出来る高校を選んでください。努力は必ず報われます。頑張ってください!

藤村 澄弥
練馬区立上石神井中学校出身
2020年 学習院大学 法学部
法学科 進学

私が志望大学に合格できたのは、次の三つの事に注意して過ごしてきたからだと思います。まず、授業に集中してノートをしっかり取ること。次に、定期試験だけでなく日頃の小テストにもしっかり取り組むこと。最後に、健康管理に注意し遅刻や欠席をしないことです。以上の事を保善高校で実践すれば、必ず志望する大学合格に近づくことができると思います。

赤池 芳雄
私立サレジオ中学校出身
2020年 明治学院大学 文学部
フランス文学科 進学

入学当初は机に向かうことさえ嫌いな私でしたが、予備校や塾に一切通うことなく志望大学に合格することが出来ました。それは、学校に良きライバルがたくさんいたからです。彼らに勉強で負けたくないという気持ちがモチベーションになり、成績向上と志望大学合格につながりました。保善高校は普段は明るく元気ですが、いざ勉強のことになると一生懸命に取り組む人が多い学校だと、三年間を通して強く感じました。

吉岡 尚太
杉並区立和田中学校出身
2020年 明治学院大学 心理学部
教育発達学科 進学

私はラグビー部に所属しており、勉強と部活の両立がとても大変でした。第一志望の大学に進学できたのは、日々の先生方による学習指導と精神面でのサポートのおかげです。私は高2の春から指定校推薦で明治学院大学に進学したいと決心し、小テストや定期試験だけでなく、各種検定取得にも積極的に取り組み、目標を達成することができました。早い時期に自分の目標とする大学を明確に決めることが大切だと思います。皆さんも頑張ってください。

石井 太朗
江東区立有明中学校出身
2020年 東洋大学 経済学部
国際経済学科 進学

私は3年間サッカー部に所属し、朝練から午後練まで毎日厳しいトレーニングをしながらも、志望大学に合格することができたのは、保善の学習環境が充実していたことが大きかったと思います。私のクラスは運動部に所属している人が多く、仲間どうし同じ条件でスポーツと学習の両立に取り組んでいたので、お互い切磋琢磨しながら毎日を過ごすことができました。高校3年間で部活と勉強の両立を目指す人にはベストな環境だと思います。

高橋 涼
品川区立伊藤学園中学校出身
2019年 成蹊大学 法学部
法律学科 進学

私はサッカー部に所属していたため、3年生の夏が終わってから本格的に受験勉強を始めました。他の人に比べ勉強にかける時間が短かったので、朝夕の通学電車をうまく活用するなどの工夫をしました。塾などには通わず、保善の先生方の力を借りて弱点を克服できたので、自分のペースで受験対策ができました。クラブと学習の両立を果たすには最適な環境が保善高校にはあります。

豊嶋 令
荒川区立第一中学校出身