学習・クラス

特別進学クラス

国公立大学や難関私立大学への合格を目指す

週2回の7時間授業と探究学習「未来考動塾」の取り組みによって、国公立大学や難関私立大学への合格を目指します。2年次から文系・理系、3年次からはさらに国公立・難関私大の希望コースに分かれて少人数授業を展開。大学入試改革にもしっかりと対応した、高いスキルを身につけていきます。

新着情報

特進独自の多彩なプログラム

未来考動塾(1~3年次)

総合的な探究の時間を利用した、教科指導の枠組みを超える科目横断型の授業です。「考え」「動く」ことをテーマに、自ら問いを立てて調査し、その成果を発信する「探究学習」を1年次から実践していきます。将来、知性を活かすことができる「しなやかさ」を持ったリーダーシップを育みます。

グループワークの様子

キャリアガイダンス(1年次)

学外から実際に企業等で活躍している方を講師として招き、集団社会の一員としての資質を育成するための講義を実施します。

3年生による学習相談会(1年次)

大学入試を間近に控えた3年生が1年生に対して、自分たちの経験に基づいた学習方法や進路選択のアドバイスをおこないます。

特進OBセミナー(2年次)

卒業生を招いて、大学生活の現状や、受験勉強の体験などをリアルに話してもらうセミナー。受験校選択にとても参考になります。

OBによる公演

夏期特進勉強合宿(1・2年次)

規則正しい日常生活に基づく学習習慣の確立や弱点の克服を目指します。自宅や学校を離れ、日々の生活と学習に真剣に向き合う合宿です。

カリキュラム

時間割サンプル<1年次(音楽Ⅰ選択)

カリキュラム

1年次の芸術は必修選択科目。2年次以降のA~Dの○数字は必修選択科目群をあらわす。
【3年次B・C・D群の選択について】
B群:(文系)国公立型は数学C、私立型は歴史科目または数学C。(理系)理科の特講科目を選択。
C群:(文理)国公立型は地理演習または倫理政経、私立型は英語演習。
D群:(文系)国公立型は理科演習、私立型は国語演習(乙)。(理系) 国公立型は国語演習(甲)、私立型は数学特講。

3年間の流れ

1年次は必修科目を中心とする共通科目。2年次からは文系・理系に特化し、3年次はさらに国公立大と難関私立大に分かれたカリキュラムです。

※カリキュラムは大学入試の環境変化や改革により変更される場合があります。

合格実績

早稲田大学・上智大学への現役合格を実現

今春の卒業生(43名)

  • 現役大学進学35名(現役大学進学率81%)
  • 受験準備8名(19%)
卒業生メッセージ
早稲田大学 文化構想学部
文化構想学科 進学

私の第一志望校合格への道筋の中で、担当の先生方のわかりやすい授業は大いに私を支えてくれたと思います。少人数クラスならではの一人ひとりに配慮された授業はとても魅力的で、わからないところがあればすぐに先生に聞くことができました。また、保善の落ち着いた校風も、勉強に集中できる良い環境となりました。普通の高校生なら騒がしくなってしまうような場面でも、分別を持って対応することができるのは保善生の特色だと思います。私は高校生活の全般において、保善高校の生徒で本当に良かったと思います。

山本 幸杜
江戸川区立西葛西中学校 出身
その他卒業生メッセージ
2020年 慶応義塾大学 法学部
政治学科 進学

私が第一志望校に合格することができたのは、やはり保善の先生方の指導があったからだと思います。私は3年の春までサッカー部に所属していたので、サッカー部で培った忍耐力も合格につながったのだと思います。特別進学クラスでは、同じクラスの仲間と切磋琢磨し受験勉強に励むことができました。また、私たちが1年生の時に始まった探究型学習活動の「未来考動塾」で学んだ事が、第一志望校で出題された小論文の記述力に活かされたのだと思います。保善の先生方そして仲間たちがいなかったら、絶対に私の第一志望校合格はありませんでした。本当に保善高校には感謝しています。

中嶋 快
世田谷区立深沢中学校出身
2020年 慶應義塾大学 環境情報学部
環境情報学科 進学

私にとって特進クラスでの3年間は本当に意味のある時間でした。3年間の学習を通して無事志望校に合格することができただけでなく、先生方のサポートや未来考動塾での探究学習、仲間と共に過ごした時間が私を強くしてくれました。そして何より、日常生活において常に思考し続けることの大切さを学びました。この素晴らしい保善高校の環境のおかげで、私は最後までめげずに受験勉強に励むことができました。

鴨志田 翼
横浜市立奈良中学校出身
2019年 学習院大学 文学部
英語英米文化学科 進学

志望大学に合格することができた理由の一つに保善高校の熱心な進路指導があります。定期的に行われる大学入試説明会では、入試の状況や変更点などの具体的な内容を知ることで、良いプレッシャーとなり、勉強の糧とすることができました。また、特進OBセミナーでは先輩方の体験談やアドバイスを参考にし、自身の受験勉強に活かすことが出来ました。

川浪 宏太
江東区立深川第八中学校出身
2018年 信州大学 繊維学部
化学・材料学科 進学

私が、国公立大学に合格することが出来たのは、保善高校の充実した教育環境やサポートがあったからだと思います。保善高校では、勉強に熱心な生徒を認めてくださり、指導してくれるので、更なる高みを目指すことが出来ます。また、先生方はとてもフレンドリーで、勉強以外の話にも乗ってくれます。とても楽しく、充実した高校生活を送ることができると思います。

鈴木 泰征
調布市立神代中学校出身
2017年 東京工業大学
第三類 進学

特進クラスの最大の良さは他校と比べても校内の他のクラスと比較してもとても人数が少ないという点にあります。特進クラスに所属すると、学校生活のほとんどを小さなコミュニティの中で過ごすことになります。このことには様々なとらえ方がありますが、人間が大きく成長する中学校や高校の時期には少数であっても、密接な関係を築くことが非常に大切であるということは事実だと思います。また、人数が少ないということは、全員がお互いに認識してあっているということであり、このことがとても居心地の良い環境をつくり出します。さらに、人数が少ないために、教員が一人ひとりの生徒に割く時間が増えます。学習に関する話はもちろんのこと、教員と生徒が個人的な話をすることも珍しくありません。こういったことは中休みや昼休み、放課後など、いつでもあります。友人だけでなく、大人と話をする機会があるということも高校生にとっては重要だと思います。

辻 駿
練馬区立開進第三中学校出身
2016年 東北大学 工学部
機械知能・航空工学科 進学

私は、塾や予備校に通うことなく第一志望に合格することが出来ました。その理由は学校の授業を一つ一つ完璧にしていたからです。授業を完璧にすれば、難関大学に行けるレベルの授業内容です。先生方が親身に質問に答えてくれるため、分からないことも簡単に理解することが出来ます。やる気のある人にはとても力になる環境が保善高校にはあります。

土肥 陽
練馬区立三原台中学校出身