創立100周年に向けて

母校保善高校は2023年、創立100周年を迎えます。記念すべき学校創立100周年に向けて、卒業生の皆さまのお力添えを宜しくお願いいたします。100周年事業に向けての詳細は、こちらのページから改めて、お知らせします。

学校の沿革

 母校誕生の母体は、大正5年4月に設立された私立東京植民貿易学校で、初代校長は新渡戸稲造であった。
 大正7年7月、東京府教育会はこれを附属として継承、さらに12月には、当時の安田保善社の安田善三郎総長が出馬、財団法人東京植民貿易学校を、基金10万円を以て創立し、文部大臣の認可をうけた。また当時既に大磯に隠居されていた初代安田善次郎翁が「貿易」とは別に一般普通商業教育の必要(実学尊重)を熱心に主張されていたのを翁の逝去後、当時の浜野虎吉学監が「報本反始」の精神をもって翁の遺志をつぎ、大正12年3月東京保善商業学校を併設した。
 昭和11年3月、東京保善商業学校と東京植民貿易語学校を経営する保隣実業教育財団が新たに設立され、校舎の移転、学制改革に伴う校名の改変等幾多の変貌はあったが、安田家の純正純美な社会奉仕の美学と浜野虎吉先生が唱導実践された、「報本反始」の建学の精神とは忘れることの出来ないところである。
 翁の令息(四男)で大震災の折、本所横網で逝去された安田善雄氏の誕生日11月9日を創立記念日として選んだのも、報本反始の精神によるものである。

学校の略史

東京植民貿易語学校 創立 大正5年4月
東京保善商業学校  創立 大正12年3月
東京保善高等学校  制度改革 昭和23年4月
保善高等学校 改称 昭和47年4月

本校所在他の変貌

神田区錦町1-20 大正12年3月~大正12年9
上野輪王寺 大正12年10月~大正13年3月
本所区横網4-2 大正13年3月~昭和17年3月
新宿区大久保3-6-2 昭和13年4月~現在